防犯カメラや金庫で防犯対策をしよう|通販でも購入が可能

  1. ホーム
  2. 住宅を守る対策

住宅を守る対策

窓

狡猾化しつつある侵入方法

世知辛い世の中となり、平和だった日本も犯罪発生率が年々増加傾向になっています。その中で空き巣は減少していて、その理由として金品をあまり家に置かなくなったこと、セキュリティが向上したことなどがあげられます。空き巣の侵入口は7割が窓からとなっています。そのため、窓ガラスに防犯対策を取っていない家は容易に入り込まれる危険性があります。しかもどの窓からも侵入を試みるので、一部だけを防犯ガラスにしても意味がありません。また、最近は侵入手口がますます狡猾になっているので、最新の防犯ガラスでもって空き巣から家を守る必要があるでしょう。

最新の防犯ガラス事情

窓ガラスから侵入するために、空き巣はあらゆる手でガラスを破壊しようとします。ドライバーでこじ開ける方法が音もあまりしないのでよく行なわれていましたが、最近は音もセキュリティも気にせず、とにかく窓を叩き壊して迅速に盗みを完了する強引な手法も頻発しています。また、バーナーなどを使って窓を焼く方法も目立ってきており、従来の防犯ガラスでは用を成さない事例も増えています。そのため、こじ開けられても叩かれても焼かれても大丈夫な防犯ガラスが求められており、メーカーもそういったニーズに応えて、日々進化した製品を世に送り出しています。家のすべてを防犯ガラスにすると、かなり家計にも負担となりますので、侵入しやすい箇所だけにでもつけると、空き巣は侵入をためらってくれるかもしれません。