防犯カメラや金庫で防犯対策をしよう|通販でも購入が可能

  1. ホーム
  2. しにくい住まい

しにくい住まい

防犯

侵入しにくい住まいの準備をしましょう

侵入者は事前に侵入する住宅を決め、定期的にリサーチをした上で実行に移します。日頃から窓を開け放したまま近隣の住人と会話をしていたり、そのまま外出をしていると、犯罪をより実行しやすい環境を与えてしまいます。特に窓は、玄関以上に侵入者が入りやすい場所といわれています。しかも夜間より昼間の明るい時間の方が多いという事実があります。周囲の目の届かない窓には施錠して防犯対策をしっかり行い、侵入者に狙われにくくする工夫が必要になります。安心して生活をするための準備をしていきましょう。

さまざまな窓の防犯対策ができます

窓には、さまざまな防犯対策があります。窓ガラスに装着するガラスセンサーは、衝撃や振動を感知して警報音を鳴らす装置です。侵入して窓を割ったり、こじ開けたりすると即座に作動し、周囲に気づかせます。窓枠には補助錠を付けることができます。つっかえ棒のような形状で、外から開けるのを防ぎます。窓を開けて固定することもでき、換気と防災の両面を助けてくれます。また、クレセント用電子ロックは、クレセント錠が回転するのを防止する装置です。無理に開けようとすると警報音が鳴り、点滅ランプで侵入者を威嚇します。窓そのものに防犯対策をするには防犯用窓フィルムがあります。割って侵入しようとするのを防ぐ強化フィルムで、ハンマーを使用してもなかなか破ることができません。クレセント錠周辺に貼ることでより効果が高まります。